News

2018年 |  2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 |  2012年 |  2011年 |  2010年 | 
2018.08.16
New

通信業のBIソリューション運用

 通信業にとってBIソリューションは、収集している膨大なデータを選別し、効果的な意思決定に必要な洞察を容易に取得できるツールです。PanoramaのNecto Telecomの登場によってそのようなソリューションが現実に可能になりました。

2018.07.05
New

シンガポールで新時代の幕開けを発表 - Panorama社、アジアでのNecto Telecom販売説明会要点

 Panorama社のCEO、アザルヤ氏は、シンガポールで開催された「アムドックス (Amdocs) APACサミット」に出席し、アジアでの販売説明会を行いました。アムドックスはアジア各国の通信プロバイダ業者から通信業、マスコミなど200社の経営層を招待し2日間の会議を開催し、「今後のCSP(コンテンツサービスプロバイダ)のありかた」、顧客体験向上のために「デジタル変革」をどのように進めていくかについて意見交換が行われました。

2018.01.23
New

通信業のデータアナリティクスによるブランド再構築

 通信業界のデータアナリティクスはただ膨大な演算処理を行うだけではありません。マーケティング担当部署もアナリティクスで得られた洞察の力を利用して自社のブランドを再構築することも可能です。新しく投入する商品やサービス、イメージチェンジ、-ビジネスの新しい手法-は、効果的なマーケティング力があって初めて力を発揮できるでしょう。

2018.01.23
New

通信業界におけるデータアナリティクスの活用

 高度に専門化している通信業界では、データアナリティクスに汎用的な手法を用いてもうまくいきません。通信業のデータアナリティクスシステムは個別のユーザーの独自のタスクに合わせてカスタマイズが可能でなければなりません。

2018.01.23
New

通信業のBI活用 成功事例(イスラエルの通信企業)

 通信業BI活用の成功事例として注目すべき事例は、イスラエル唯一のマルチチャネルテレビプログラムを提供する「YES」でしょう。インタラクティブなデジタルTVサービスを提供するイスラエル初の企業として、YESは国内のマルチチャネルテレビプログラムのおよそ40パーセントのシェアを持っています。「ペイパービュー (pay-per-view) 」など150のビデオチャネルを運営し、毎年数十億ドル規模のネットワーク情報サービスを提供しています。

2018.03.14

「モバイルワールドコングレス (MWC) 2018」5つのポイント

 Panoramaは新事業であるNecto Telecomを出展する機会を得ました。世界各国のIT関連企業から10万人以上もの専門家がMWCに参加しました。現代社会にディジタルトランスフォーメーションをもたらすべく、ITと通信業界が具体的にどのように対応しているかが発表されました。具体的には、新しいアプリケーションや消費者向けツールから、進化したアナリティクス、スマートワールドが取り上げられて紹介されました。あらゆる業種が直面するディジタルトランスフォーメーションを実現するために、今後通信業がどのようにこれを促進する役割を担い、いかに効率よく関わっていくかが紹介されました。

2017.09.26

最新のBI市場に関する5つの重要な洞察

 先週、世界的なリサーチ&コンサルタント会社Forrester(フォレスター社)から「Forrester Wave Report(フォレスターウェイブリポート)」が発表され、Panoramaは市場での差別化要因が評価され、「ウェイブ」の評価対象に入りました。このリポートはBI市場の動向と今後の展望について興味ある洞察を満載しています。その要点をご紹介しましょう。

2017.08.22

BI最前線 - 新時代のBIワークフロー

 最新のビジネスインテリジェンスは、いままでにないBIワークフローを実現する、データアナリティクスの新時代を担うツールです。では「最新のBIワークフロー」と今までのBIワークフローは、どのような点が異なるのでしょうか。

2017.04.19

BIシステムにおいて、最も高いレベルのセキュリティを確保するには

 BIシステムの活用は企業に多大なメリットを提供する一方、重要なデータをリスクにさらす恐れもあります。BIを活用する環境は、このように企業の重要なデータを盗み、暴露しようとする悪意ある盗難と無縁ではないことを認識しておくべきです。

2017.04.19

金融機関の集中管理型BIシステム

 BIやスマートデータアナリティクスの活用は金融機関でもすでに身近なものになり、利益を増やしリスクを軽減することによって競走上の優位性を確保しようとしています。